[12月1日@恵比寿] データ分析基盤を支えるデータレプリケーション技術とデータワークロード分析

[12月1日@恵比寿] データ分析基盤を支えるデータレプリケーション技術とデータワークロード分析

主催: 株式会社インサイトテクノロジー

概要

近年のマルチデータベースで構成されるデータ分析基盤で重要となるデータベース間のデータ連携とエンタープライズデータウェアハウス(EDW)、Hadoopなどの大量なデータを管理するデータ分析基盤運用にスポットを当ててAttunity社が提供するソリューションをご紹介致します。

日時

2016 年 12 月 1 日(木)16:30 – 18:50 (16:15〜 受付開始)

場所

株式会社インサイトテクノロジー 東京本社 ショールーム
(東京都渋谷区恵比寿1-19-19 恵比寿ビジネスタワー5F)

参加費

無料(事前登録制)

タイムテーブル

16:30 – 16:40
ご挨拶

16:40 – 17:30
データベースレプリケーションツールによるクラウド移行
株式会社インサイトテクノロジー プロダクトコンサルティング事業部 シニアマネージャー 宮地 敬史 & 中川 裕貴
近年、オンプレ・クラウドで構成されるマルチデータベース基盤では、異種データベース間のデータ連携が必須になります。このセッションでは、レプリケーション技術を適用したデータベース移行についてデモを交えて解説をするとともに移行事例についてもご紹介致します

17:40-18:30
データ分析基盤の可視化によるROI適正化の実現
株式会社インサイトテクノロジー プロダクトコンサルティング事業部 取締役 事業部長 森田 俊哉
指数関数的なデータ成長を見せる近年のエンタープライズデータウェアハウス(EDW)やHadoopなどの運用では、データのキャパシティプランニングやワークロード分析が非常に重要です。本セッションでは、EDWやhadoopなどの巨大なデータ基盤に対する企業のROIを可視化し、最適化するツールをデモを交えてご紹介します。

18:30-18:50
Q & A

申し込み