HP Presents : インメモリDBを見据えた、スケールアップへの回帰 その2: Superdome X 上の SQL Server 2014 OLTP 検証結果と SQL Server vNext 最新情報

HP Presents : インメモリDBを見据えた、スケールアップへの回帰 その2: Superdome X 上の SQL Server 2014 OLTP 検証結果と SQL Server vNext 最新情報

D33:SQL Server
| db tech showcase Tokyo 2015

HP Presents : インメモリDBを見据えた、スケールアップへの回帰
その2: Superdome X 上の SQL Server 2014 OLTP 検証結果と SQL Server vNext 最新情報

Windows Server 2012 R2 と SQL Server 2014 の Superdome X 上の正式サポートを前に、OLTP 検証ツールを用いて、ブレード数を、1、2、4、8 枚と順次増加させ、最大 16 NUMA Node 240 物理コア CPU 4TB メモリー上でスケールアップ性能検証を実施しました。このサイズでの検証は、米国本社でも実績がなく、検証過程で発生した問題点を、米国 Windows Server / SQL Server 開発チームにフィードバックを行うことが出来ました。このスケールアップ検証結果を発表します。現在、米国本社 SQL Server 開発チームでは、vNext (SQL Server 2016) の開発が進んでおり、この中でのインメモリー活用処理とクエリー・ストアー機能に関しての最新情報をお知らせします。

熊澤 幸生

日本マイクロソフト株式会社 – SQL Server 技術顧問