ビッグデータ関連OSS動向調査とニーズ分析

ビッグデータ関連OSS動向調査とニーズ分析

A35:NoSQL, BigData | db tech showcase Tokyo 2016

ビッグデータ関連OSS動向調査とニーズ分析

近年ビッグデータ関連OSSはSparkやHadoopといったキーワードをもとに一定の盛り上がりをみせているが、連携製品の乱立による選択の複雑化、大規模システム構築における導入障壁の高さ、導入効果の不明確さなどで国内における導入の進み具合は芳しくない。そこでビッグデータOSSの普及・推進を行うための一環として日本OSS推進フォーラムのビッグデータ部会が実施した「ビッグデータ関連OSS動向調査」及び「ニーズ分析」の内容をご紹介します。

吉田 行男

日本OSS推進フォーラム – 副理事長 兼 ビッグデータ部会 部会長