041
2020.11.17 (火) 13:00 – 13:40
DB(データ管理) 同時通訳
19c Standard Edition高可用性データベースから最大価値を引き出す

19c RACのサポート終了が発表されたにもかかわらず、オラクルは最近、Standard Edition High Availabilityと呼ばれる新機能をリリースしました。この機能は、Standard Editionの18c以前のバージョンにサポートできるRAC機能に置き換わるものと見られています。
このセッションでは、Standard Edition High Availabilityのリリースに伴う19cで行われた変更についてご紹介します。既存および将来のOracleデータベース環境を、この新しいコンセプトである高可用性ソリューションに簡単に適応させる方法を示し、またその長所と短所についてご説明します。

Following the announcement of 19c RAC de-support, Oracle recently released a new feature called Standard Edition High Availability. This feature replaces the RAC feature, as seen in 18c and prior versions for Standard Edition.

In my session, I would like to introduce you to the changes done in 19c with the coming of the Standard Edition High availability. I will show you how to easily adapt your existing and future Oracle Database environments to this new concept of High Availability solution and describe its strengths and weaknesses.

Jan Klinke

Dbvisit Software IT, Support Engineer