069
2020.11.26 (木) 15:30 – 16:10
セキュリティ
DX推進で見直されるマスキングとは? ~データアナリティクスでの活用事例~

これまでデータマスキングは、テストデータ生成に用いられていました。多くの開発現場では、手組みでマスキングを行なっており、属人化や、個人情報の抽出、データ量増大に伴う処理時間の増加という問題を抱えていました。
更に、昨今のDX推進の動きに伴い、迅速なデータアナリティクスを行うためには、クラウドリソースの活用が必須であり、セキュリティを担保するため、簡単で迅速なマスキングが求められています。
データマスキングの基本的な要件、オンプレやクラウドの参考製品、マスキングを高速化する事例のご紹介をいたします。

高橋 則行

株式会社インサイトテクノロジー プロダクト開発本部