076
2020.12. 2 (水) 13:00 – 13:40
DB(データ管理) 同時通訳
3 PDBsと多くの裏技〜マルチテナントへの移行〜

Oracle Database 19cは、非CDBアーキテクチャをサポートする最後のOracleデータベースのリリースです。 ただし、追加のライセンスがなくても、ユーザー作成のPDBを3つまで使用できます。したがって、Multitenantを使用して、CDBアーキテクチャからメリットを得ましょう。このセッションでは、Oracle Multitenantにスムーズに移行し、それを最大限に活用する方法に関する多くの技術的なヒントとコツを学べます。また、フォールバック戦略と最小ダウンタイムアプローチについても説明します。多くのベストプラクティスおよび裏技についてご紹介させていただきます。

Oracle Database 19c is the last Oracle database release which supports the non-CDB architecture. But it allows you to have 3 user-created PDBs without any extra license already. So it is time to use Multitenant and benefit from the CDB architecture. In this talk you will get a lot of technical tips and tricks about how to migrate smoothly to Oracle Multitenant and get the most out of it. But we will discuss also Fallback Strategies and Minimal Downtime approaches. There are a lot of Best Practices to find out - and some well hidden secrets.

Mike Dietrich

Database Upgrade and Migrations, Oracle Global Services Distinguished Product Manager