078
2020.12. 2 (水) 14:40 – 15:20
DB(データ管理) 同時通訳
悪いコーディングを改善に! 過度のトランザクションログ生成を防ぐため

トランザクションログは、Oracleおよびその他のRDBMSテクノロジの整合性とリカバリメカニズムにおいて重要な部分となります。これがないと、インスタンスはクラッシュしたときに回復できず、一貫した状態で起動できません。過度のトランザクションログの生成は、データベースでの過度作業に関わる一方、悪いコーディングも原因の一つになるかもしれません。このセッションでは、LOGGINGオプションとNOLOGGINGオプションの使用によるトランザクション生成の削減をめぐって、二つのオプションの相違点、発生原因、削減方法、および使用場面についてご説明します。また、それぞれのオプションに関する例とコツをご紹介します。Loggingは、クラウドRDBMSおよびオンプレミス環境のパフォーマンスと回復性を確保するために極めて重要であることを念頭に置きましょう。

Transaction Logs are a vital part of the Oracle and any other RDBMS technology integrity and recovery mechanism. Without it, an instance will not recover when it crashes and will not start in a consistent state. Excessive transaction log generation is the result of excessive work on the database, but not be a foul, sometimes it can be due to your bad code. This presentation covers the subject of reducing transaction generation using LOGGING and NOLOGGING options, the differences between them, how it happens, how to reduce it, and when to use it. Also, you will find examples and tips regarding each one of them. Logging is crucial to ensure the performance and recoverability of any Cloud RDBMS or in the premises environment.

Francisco Munoz Alvarez

CloudDB CEO