AL3 Qlik Tech Japan
DB(データ管理)

DBエンジニアこそが切り拓く​「2025年の崖の克服」や「DX」 @ 古谷 幹則

ビジネスの世界において、リアルタイムの意思決定はさらに重要になっています。つまり、ビジネスに携わるすべての人が、最新かつ正確なデータに容易にアクセスできる必要があるのです。そのためのデータ基盤構築に向け、本講演ではデータのストリーミング(CDC)、改良、カタログ化、公開を自動化し、リアルタイムでアナリティクス対応データの発掘と可用性を大幅に高めるQlik の DataOps(データオプス)アプローチをご紹介します。
Qlik_Furuya.JPG
古谷 幹則
クリックテック・ジャパン株式会社
データインテグレーション事業日本代表