dbtsブログ
このエントリーをはてなブックマークに追加

【dbts2021 レポート】商用運用ができる実践的PostgreSQL技術者の育成

DB(データ管理)
【dbts2021 レポート】商用運用ができる実践的PostgreSQL技術者の育成

こんにちは、コンサルティング本部 廣川です。 db tech showcase 2021 1日目のA8のセッションである商用運用ができる実践的PostgreSQL技術者の育成のレポートをお届けします。

スピーカー名:PostgreSQLエンタープライズ・コンソーシアム 多田 明弘様


セッション概要:

PostgreSQLエンタープライズ・コンソーシアムでは成果発表会のアンケートでいただいた「エンジニア不足」という課題の声に対応するため、「Oracle技術者のためのPostgreSQL自習書」を作成し同ホームページで公開致しました。PostrgeSQL技術者を育成するには、すでにOracleの勘所を知っている技術者を「移行」すれば短期間で即戦力になります。もちろん、Oracleを知らずPostgreSQLを業務で使用する方にも、その活用ノウハウは役に立つものです。 本セッションでは、PostgreSQL自習書のねらいと商用でPostgreSQLを安全の運用するための勘所を解説します。

セッションアジェンダ

  • 自己紹介
  • PGEConsについて
  • PostgreSQL自習書のねらい
  • 商用での安全な運用の勘所
    -> 自習所の運用部分のエッセンス

聴講した感想

PostgreSQL エンタープライズ・コンソーシアム(以下 PGECons)の 多田さんのセッションを受講いたしました。

PGEConsではエンタープライズ領域へのPostgreSQL普及のために 様々な活動を行われています。

その活動の中でPostgreSQL技術者の育成のために、 "PostgreSQL自習書"をPGEConsで公開されています。 こちらはOracle経験者をターゲットにしたPostgreSQLノウハウ教書になっています。

今回のセッションでは、 自習書の中から商用サービスにPostgreSQLを使用する際に 問題になるであろう2つのポイントに重点を置いて、 PostgreSQLでどのような解決方法があるか、 具体的にお話いただけました。

  • SQLの応答速度が一定であること
  • 原因となる事象の説明と対策
    • データ格納状態の悪化
    • index構成の悪化
    • 実行計画の変化
    • Etc.
  • SQLが遅くなったときに原因が特定できること
  • 原因事象と調査方法、使用できるツールなど
    • 遅いSQLの特定や実行計画の確認
    • 使用する機能やツール
    • Etc.

それぞれのテーマについてPostgreSQLでの発生事例・アプローチ方法を解説してくださっています。
Oracle経験者のために
Oracleなら○○と用語を変えて、
Oracleだとこういう動きだが、PostgreSQLではこういう動きになるというように
対比してわかりやすく説明してくださっているので、 すんなりと理解できました。

また、使える手法にデメリットや制限事項などが有る場合もきちんと 説明してくださり、実際の経験を踏まえたノウハウなのだなと感じました。

PGEConsでは"PostgreSQL自習書"だけでなく、 移行ガイドブックや様々な検証結果も公開されています。

まとめ

以下2点のことが分かりました。

  1. PGEConsという組織について
  2. 商用利用するにあたり必要な事例についてのノウハウ

是非、PostgreSQLを業務に導入することをご検討されている方は、 本セッションの視聴と、PGEConsの成果物をチェックしてみることをオススメいたします。

db tech showcase2021のアーカイブ動画・資料を12月末まで公開しております! 閲覧はこちらからご覧ください。

https://eventregist.com/e/TvkwJoawl5Dy
一覧に戻る