【M|18】MariaDB User Conferenceに今年も行ってきました!!

インサイトテクノロジーの松尾です。昨年に引き続き、MariaDBのユーザーカンファレンスMariaDB|M18に行くことができましたので、私自身が聴講したセッションを中心に現地で入手したトピックなどをご紹介します。
参考:【M|17】MariaDB User Conferenceに行ってきました!

『M|18』とは?MariaDBの2回目のユーザー会議『M|18』について

M|18は今年で2回目となるMariaDB社主催のユーザーカンファレンスです。規模などは昨年とだいたい同程度でしょうか。場所も同じですが、昨年の4月から、今年は2月に変更されて開催されました。ニューヨークの気温は東京と同程度だったと思います。

なお、メールアドレス等の登録が必要ですが、こちらからM18のセッションの録画をご覧いただけます。

CEOのMichael Howard氏からMariaDBが求められる役割の変化をアピール

キーノートでは、まずCEOのMichael Howard氏から、昨年、Alibabaグループからのファンドも入り、MariaDBは期待が高まっていることをアピール。さらにMariaDB Labsとして、機械学習、分散処理、チップ(CPUやGPU)などの研究開発を行っていくことも発表されました。

参考:MariaDB Completes Series C Funding Led by Alibaba Group, Finishing 2017 With $54M in Global Investment
   MariaDB Launches Innovation Labs to Explore and Conquer New Frontiers

ユーザー企業からのキーノートスピーチでは、まずServiceNow社が自社のデータベースにすべてMariaDBを使っていることを紹介。8万以上のインスタンス、1億7千万を超えるテーブルに対して、1時間あたり250億のクエリが処理されるという巨大基盤で運用しているとのことです。実はServiceNowという会社については全く知らなかったのですが、Salesforceと同様のサービスを展開する巨大企業のようです。

さらに去年もキーノートで話されたDBS銀行から、OracleからMariaDBへの移行プロジェクトの進捗具合の報告もありました。非常に速いスピード感でプロジェクトを進められているのがわかります。また、ColumnStoreを使った分析基盤の導入やSpiderエンジンを使ったシャーディングの導入も視野に入れているとのロードマップも開示されています。ご存知の方も多いと思いますが、DBS銀行はシンガポールで1番大きな銀行で、世界でも有数の銀行です。
ただし、今回はMonty氏のKeynoteスピーチはなく、少し寂しい感じもしました。

ハードウェアアクセラレーションに関する講演が2件

MariaDB Labsのチップに関しての絡みもあるのだと思いますが、今回のM18ではハードウェアアクセラレーションに関する講演が2件ありました。ひとつはGPU、ひとつはFPGAです。どちらもMariaDBの特徴である、ストレージエンジンが選択可能であることを利用し、アクセラレーションが実行されるストレージエンジンに切り替えることで、上位側の変更が何も必要ないという特徴があります。

GPUによるアクセラレーションを紹介したのはBrytlyt社でドイツの会社。元のプロダクトではPostgreSQLからforkした製品として開発を行っていましたが、今回のタイミングに合わせてMariaDB社との提携も発表し、MariaDB対応を行っていくとのことです。

そして、FPGAでの高速化の話をしたのはIntelとSWARM64という会社(Intel社の講演でSWARM64を紹介)。Intel側がハード(FPGAカード)を提供、SWARM64側がソリューションの提供を行うようです。これも楽しみです!

参考:Intel社・SWARM64社のセッション

今年のM18でもFacebook松信さん、Spiral Arms斯波さんの講演がありました!

MyRocksもFacebook内での本格運用が始まり、またSpiderエンジンもかなり大きな会社で使われるようになってきており、それぞれのストレージエンジンはますます重要性が高まってきていますね。今後の展開も目を離せません!

ColumnStoreのユーザーパネルセッション

ColumnStoreが発表されてから時間が経過し、本番でColumnStoreを分析基盤として使い始めるユーザーが増えてきています。今回は3社から、どのようにColumnStoreを使っているか、なぜ選択したか、などの生の声を聴くことができました。内容をまとめると概ね以下の感じの意見が多かったように思います。

  • cpimportがいい
  • 圧縮がきくのがいい
  • オープンソースであることやコストから選択
  • 今のところシングルサーバーで足りている(※もともと他でのパフォーマンス不足などからMariaDB ColumnStoreを選んではいるが)

ぜひご参考ください。来年も機会があればぜひ行きたいと思います!